引越しの準備で慌ただしいです

ども、引越しの準備で慌ただしいです。亮です、こんばんは。



今日はオーストラリアでの友達(オール日本人)と飲みました。


日本に帰ってからの話で盛り上がりました。


内容は生活費とバイト。


以下その時の会話





亮「1日1万くらい稼ぎたいっすねぇ。」


Tさん「月にどれくらい生活費いるか計算してみようよ」


亮「東京だから家賃はボロ家で6万。光熱費1万。ネット接続、携帯電話で1万5千。食費3万・・・、」


Tさん「いやぁ3万じゃ貧しいだろぉ。4万~5万ないと体壊すぞ。それに外食もできなくなるし。」


いろいろと話し合った結果、合計15万は欲しいということに。それに加え、来年からはまた学生さんになる予定で、バイトの時間がかなり減るので今年中に蓄えが欲しいところです。



亮「あぁぁぁ!学生じゃないから年金払わないと・・・


ってな感じで、月20万以上という新卒サラリーマン以上の収入を得るためのバイトを皆で考案。


あーでもない、こーでもない。


けんけんごーごー


皆さん他人事だと思って好き放題言ってくれます。


Mさん「男性ストリップなんてどうかしら?楽しそうじゃん」


Tさん「お、いいねぇ。パンツにお金入れてもらいなよ」


亮「いや・・・それはちょっと・・・」


Hさん「ショットガンじゃあなぁ」


亮「マグナムっすか?マグナム必要っすか?無理っす!」


って、何の話してんだよ・・・


Tさん「死体洗えば?


亮「はい・・・?」


Tさん「いや、電車に突っ込んでバラバラになった死体洗う仕事。けっこう金になるって。」


亮「僕が精神的におかしくなって電車に突っ込みそうです・・・。」


Yさん「よし!じゃあ人体実験なんてどうよ!?


亮「響きからして最悪っすね・・・」


Yさん「金になるよー。新しい薬を塗られたりするだけ」


亮「お・・・けっこういいかも。副作用がこわいけど・・・。」


Hさん「でもあれって、死んでも責任はとってくれないんだろ?なんかサインするらしいじゃん。」


亮「・・・・・却下。」


Mさん「ラブホテルの掃除とかは?」


一同「いいねぇ」


Mさん「あぁでもヤッた後の部屋の掃除とかきついかぁ」


亮「いや、死体洗うよりヤッた後の布団洗う方がまだいいっすね」


Tさん「住み込みだったら家賃も払わなくていいな」


亮「女の子連れてきたら部屋使わせてくれないかな!?」


ラブホテルが候補に選ばれました。


Hさん「そうかぁ。家賃考えなくていい仕事かぁ・・・」


亮「そうっすねぇ。東京は家賃高いっすからねぇ」


Hさん「遠洋漁業に出ろ!」


Tさん「いいね!半年くらい海の上で暮らせ!」


亮「海のダイアモンド釣ってきますか!?」


Yさん「海の上からメール送ってな」


Tさん「今日はなかなか釣れません。とかな(笑)」


亮「じゃあ携帯から送ります!」


Tさん「楽しみにしてるよー」


Hさん「バカ、電波届かねぇよ


一同「あ・・・」





まぁバイトは東京に住んでから考えます・・・。



ってことで、今日はオーストラリア内で引越しです。

今月30日には母国ジャパンへ帰国します。

ハードスケジュールのため明日から日本で生活が落ち着くまで不定期更新になります。

皆様見捨てないで下さい。どうか長い目で見てやって下さい。

おすすめ